これまでの展示
南門の童話-眠れる古いクスノキ

南門の童話-眠れる古いクスノキ

本展は絵本の物語やゲーム、3Dアートや五感の体験など多元的な方法を通じて、子どもたちに南門パークにおける動植物の生態を紹介しています。展示場は、主に3Dアートを活用してクスノキ王国の雰囲気をかもし出すとともに、クスノキの植物生態やクスノキの香りに満ちた昆虫の生態を紹介しています。アオスジアゲハ、クスノキハチ、アオカ...

  • 期間:
  • 場所:南門パーク
  • 類型:常設展
百煉の芳香:樟脳産業と南門工場の常設展

百煉の芳香:樟脳産業と南門工場の常設展

南門パークは、古蹟の産業建築を博物館に再利用したもので、古蹟の建築と博物館の展示を結合させたものです。本展示ホールでは樟脳倉庫の情境を再現し、樟脳とその製造、運用,および樟脳産業と台湾の発展史の関連について紹介しています。時間の記憶に満ちたレンガ塀のなかで、南門工場の時空の変遷の話に耳を傾けましょう。

  • 期間:
  • 場所:南門パーク
  • 類型:常設展
土地銀行行史室

土地銀行行史室

土地銀行展示館は、日本統治時代後期の銀行建築物で、金庫室の空間は特にユニークです。金庫は、有価証券や流通貨幣、および重要な契約書類を保存し分類する場所です。効果的な保存と安全確保の機能的ニーズに基づき、建材や環境の制限、防火と盗難防止などの現実的な条件のもと、人員が一人入ることのできる大きさの金庫を配置しました。こ...

  • 期間:
  • 場所:土銀展示館
  • 類型:常設展
古蹟修復室

古蹟修復室

日本統治時代の勧業銀行台北支店から土地銀行総行、そして台北市定古蹟まで、この古蹟建築は台湾金融機構の歴史の発展を見つめ続けており、建築自体の建築技術、スタイルや風格,台湾建築史の面でも重要な建物です。国立台湾博物館は、古蹟修復のプロセスを詳細に渡って記録してきました。さらに一部の建築物と修復現場を本展示エリアの一部...

  • 期間:
  • 場所:土銀展示館
  • 類型:常設展
台湾の発見 - 台湾の自然史と自然主義者の再訪

台湾の発見 - 台湾の自然史と自然主義者の再訪

「台湾発見:新世紀の常設展示、国立台湾Musem Episode I」は、21世紀から国立台湾博物館(NTM)の最初の常設展である。 この展覧会は、台湾の自然史、自然主義者、自然史の発見の時代を辿っています。台湾の自然界が現代の自然史によってどのように「発見」されたかを明らかにするために、探検家とその...

  • 期間:
  • 場所:台灣博物館
  • 類型:常設展
Total:8Current page:1/2