これまでの展示
鐵道文化常設展

鐵道文化常設展

【109年4月28日起試營運期間,採預約報名參觀,報名方式及活動詳細資訊請參考-認識北門館活動頁】 火車的出現改變了世界,為了追求速度提升,導入許多劃時代的科技。臺灣自清代劉銘傳開鑿鐵路至今,已有百餘年的鐵道歷史,不僅改變我們的生活,也成為這座島民共享的鐵支路回憶。「鐵道文化常設展」將以「咱的鐵支路」、「火車...

  • 期間:
  • 場所:北門館
  • 類型:常設展
鐵道部園區歷史暨古蹟修復常設展

鐵道部園區歷史暨古蹟修復常設展

【109年4月28日起試營運期間,採預約報名參觀,報名方式及活動詳細資訊請參考-認識北門館活動頁】 國定古蹟臺灣總督府交通局鐵道部,是清代臺北機器局所在地,也是臺灣第一個現代化的火車修理工業園區,後來更成為全臺鐵路交通的管理中心。1989年臺北新站落成,臺鐵總局遷出後空間閒置,2006年起國立臺灣博物館與臺灣...

  • 期間:
  • 場所:北門館
  • 類型:常設展
百煉の芳香:樟脳産業と南門工場の常設展

百煉の芳香:樟脳産業と南門工場の常設展

南門パークは、古蹟の産業建築を博物館に再利用したもので、古蹟の建築と博物館の展示を結合させたものです。本展示ホールでは樟脳倉庫の情境を再現し、樟脳とその製造、運用,および樟脳産業と台湾の発展史の関連について紹介しています。時間の記憶に満ちたレンガ塀のなかで、南門工場の時空の変遷の話に耳を傾けましょう。

  • 期間:
  • 場所:南門パーク
  • 類型:常設展
古蹟修復室

古蹟修復室

日本統治時代の勧業銀行台北支店から土地銀行総行、そして台北市定古蹟まで、この古蹟建築は台湾金融機構の歴史の発展を見つめ続けており、建築自体の建築技術、スタイルや風格,台湾建築史の面でも重要な建物です。国立台湾博物館は、古蹟修復のプロセスを詳細に渡って記録してきました。さらに一部の建築物と修復現場を本展示エリアの一部...

  • 期間:
  • 場所:土銀展示館
  • 類型:常設展
台湾の発見 - 台湾の自然史と自然主義者の再訪

台湾の発見 - 台湾の自然史と自然主義者の再訪

「台湾発見:新世紀の常設展示、国立台湾Musem Episode I」は、21世紀から国立台湾博物館(NTM)の最初の常設展である。 この展覧会は、台湾の自然史、自然主義者、自然史の発見の時代を辿っています。台湾の自然界が現代の自然史によってどのように「発見」されたかを明らかにするために、探検家とその...

  • 期間:
  • 場所:台灣博物館
  • 類型:常設展
Total:11Current page:1/3