これまでの展示
~
樸埔の風情-躍動する先民の姿特別展

樸埔の風情-躍動する先民の姿特別展

今回の展示は、文化部所属の国立台湾博物館が主催し、国立故宮博物院、中央研究院歴史語言研究所が合弁してます。台博館の至宝の一つ「康熙台湾輿図」を主体とし、これに「番社采風図」や文献史料の記録を組み合わせました。そしてデジタル科学技術を運用した17メートルの「康熙台湾輿図」の動画と平埔族の風俗を描いた動画の物語を配する...

  • 期間:
  • 類型:特展
菊島の秘境-澎湖南方四島特別展

菊島の秘境-澎湖南方四島特別展

文化部所属の国立台湾博物館が主催し、澎湖県政府、海洋国家公園管理処が合同開催した「菊島の秘境-澎湖南方四島特別展」は、2014年8月15日から2015年3月1日まで、国立台湾博物館で行われました。この展示会では、澎湖の南海にある東吉嶼、西吉嶼、東嶼坪嶼、西嶼坪嶼の四島,そして近隣の小さな9つの島嶼を含む秘境の島嶼、...

  • 期間:
  • 類型:特展
惜墨如玉:新しい品種の宝石-台湾墨玉の特別展

惜墨如玉:新しい品種の宝石-台湾墨玉の特別展

台湾の花蓮から台東の間に延びる花東縦谷は、フィリピン海プレートとユーラシア・プレートが密かにぶつかり合う地帯です。この地区の岩石は変質、火成や熱液蝕変など各種さまざまな地質の作用で、玫瑰石、台湾玉、台湾藍宝、紫玉髓などの玉石、および金銅鉱、石棉鉱、大理岩鉱や蛇紋岩鉱などの鉱床が形成されています。このため、花東地区は...

  • 期間:
  • 類型:特展
原住民芸術の新風: 台湾原住民の伝統工芸と現代の再現特別展

原住民芸術の新風: 台湾原住民の伝統工芸と現代の再現特別展

桃園国際空港第二航空ターミナルの入国ホール-「台湾の窓」展示エリア 文化部所属の国立台湾博物館は、104年8月5日から桃園国際空港第二空港ターミナルの入国ホールで「原住民芸術の新風:台湾原住民の伝統工芸と現代の再現」特別展を開催します。本展示は「原住民の新たな芸術:台湾原住民の現代芸術の創造と表現」、「原住民芸術...

  • 期間:
  • 類型:特展
maSpalaw-国立台湾博物館サイシャット族文物里帰り特別展

maSpalaw-国立台湾博物館サイシャット族文物里帰り特別展

文化部所属の国立台湾博物館と苗栗県政府が主催した「maSpalaw-国立台湾博物館サイシャット族文物里帰り特別展」は、2014年12月5日から2015年6月7日まで苗栗県サイシャット族民俗文物館展で行われます。国立台湾博物館が収蔵する選び抜かれたサイシャット族の文物のほかに、フィールドワークを経て募集された現地の歴...

  • 期間:
  • 類型:特展